計画中の家の間取りが納得できない
工務店、ハウスメーカーの間取りが気に入らない
そんなときは人気YOUTUBE間取りチャンネルの
間取り作成サービスを使ってみるのがおすすめです

やめた 方がいいハウスメーカー

やめたほうが良いハウスメーカーは

ズバリ住宅ローンの返済が厳しくなる資金計画をする

営業マンがいるハウスメーカーです

家を購入したら夫婦とも余裕がなくなった

遊ぶお金も無くなった

仕事を増やしたなどはよく見られます

返せればまだよいのですが・・・・

オーバーローンになる事例としては

諸経費をふくめた計算をしていなかったという

思ったより簡単なことです

建築費だけを概算してローンを組んだら

諸経費が足りなくなったとか

諸経費を含まずに予算計画を立て

返済計画したものの諸経費を現金で持っていなかったなど

一言でいえば返済計画が予定より多くなったということです

売るほうは多く儲けたいのですから

限界までいっぱい借り入れてもらっても

あとは夫婦で頑張って働いてくださいという

他人事なのです

諸経費を含めてゆっくり返せるぐらいの計画は

自分たちで決めなければならないのです

高気密高断熱、ハイスペックな住宅

それはとても大事ですが

身の丈に合わない金額になれば返済地獄が待っています

住宅 インテリア業界

AIパースの導入でインテリアのクオリティーと

プレゼンのスピードが飛躍的に向上しているので

デザイン設計側は大分仕事が早くなったが

実際作るのは現場なので施工は丁寧に早くというわけにはいかない

デザインと現場の折り合いが大変な年の幕開けになりそう

キッチン レイアウト

リビングダイニングキッチンで悩むのはキッチンのレイアウト

対面式キッチンの依頼が多いですが

家事動線を考慮してアイランドキッチンを要望される方も多くなりました

カウンターキッチンで後悔するといわれるのは

キッチンとダイニングテーブルの高さの差があること

キッチンは85cmぐらいでダイニングテーブルは70cmぐらいの高さ

普通に使う椅子の高さでは低くなってしまいます

高さの変えられる椅子やハイチェアを使えば解決できる問題です

間取りシミュレーション

無料の間取り作成を受けて勉強になることがあります

間取りの作るプロとして受けているのですが

メールに書かれている要望や難しかったり

敷地が変形して難しかったりすると多少苦労します

玄関からシューズクロークへ通り抜けて

さらにキッチンへつながる動線計画にしたい

と書かれていると玄関と玄関とキッチンが近くなります

本当はリビングと玄関を近づけたかったりします

それでも要望に沿って間取りを完成させねばなりません

さらに空調的に負荷のないように

階段を絡めて吹抜けを作ってほしいと書いてあると

空調に負荷のない吹抜けを間取りしなくてはいけません

このときはリビングを勾配天井にして

エアコンの負荷のないように階段室を絡めました

間取りはさらに難易度が上がります

さらには30坪に収めたいと広さの要望もありました

この時はすんなりとおさまりましたが

なかなか厳しいこともあります

要望を実現して、希望が全部おさまって

良かったとお礼のメールをもらうと

何か成し遂げたような気分になり

間取りを作ってよかったと勉強になったと

こちらも感謝することも多いのです

間取り図 作成 サイト

工務店やハウスメーカーに間取り図を依頼して

2週間で出てきた間取りが気に入らなかったとき

訂正を依頼します

また2週間後に出てきた間取りが気に入らない場合

さらに時間がかかり、

場合によっては時間がないので

もう決めてくださいと不機嫌そうに言われるかもしれません

自分が悪いのではないのに

一方ネットで間取りを依頼すれば5日程度で

要望通りの間取りが仕上がってきます

訂正も2日程度で送付されます

高額な買い物ではあらゆる方法で納得したい

そのような場合はインターネットで間取り作成サービスを依頼するのがおすすめです

現在作成中の間取りを改善するために

相談する間取り診断サービスもあります

間取り診断サービス




最近の投稿

アーカイブ

プロフィール

一級建築士事務所。間取り集、間取りの無料作成サービスを行っています。