押入れ 納まり

家を建てるとき収納量が多ければよいなって思うのは
誰しもが考えるし、望むことです。

まずは最近多い押入れの納まり図
引戸の上の部分が壁になっています。

この部分も引戸にして欲しい。

押入れの上の部分も使いたい。
そうゆう願望は意外に多いものです。

下の図は天袋を用意して押入れの上のほうにも引戸を設けて
収納量を増やした納まりです。
大きく違うのは上は奥行きが増えたことと
引戸が増えたことです。
この引戸が増えることでコストが発生してしまうので
天袋を設けないことが多いようです。

 

 

そして需要が多いのは壁面収納
壁一面収納にした住宅なんてステキではありませんか?

 




カテゴリー: 押入れ 納まり | Tags: , ,

知りたいのに設計図などの資料がない。

壁や床や建築の中身はどうなってるの?

住宅の設計、新築・リフォームの参考図が欲しい。

設計事務所やハウスメーカーの使うプロ仕様ってどう?

施主だけど収まりをを知りたい。

納まり図集では図面の収まり図の解説をします。

お役立ちサイトもわかりやすく分類

納まり図面の解説と誰でもわかる画像つきです。




納まり図集の上へ

アーカイブ

プロフィール

一級建築士事務所。間取り集、間取りの無料作成サービスを行っています。

PVアクセスランキング にほんブログ村