納まり図面

天井と壁の境目も同様のことが言えます。
廻り縁と呼ばれる木製の部材で納めることもあるし
フクビなどのビニール製の廻り縁で納める場合もあります。

その場合壁に突きつけてスキマなく収める方法が最も簡単です。

廻縁をなくすことでモダンに収まるので
あえてなしにする建築家も多いようです。

目を凝らさないと見えないほどの
小さな見切りを入れる場合も多く使われます。

下からみると天井部分に10mmほどの天井見切りをつけて納める場合
天井に壁が突き刺さったように見えるので
壁の部分はすっきり見えます。
逆に壁に見切りを設けた場合、
天井のボードが壁に突き刺さっていくように見えます。

公共物件や施設の天井で見られます。

木材が壁と天井の間にある納まりは木造住宅に多く見られ、
多くのハウスメーカーで標準的に使用されています。

すき間が隠れるので長期のひずみや隙間が見えにくく
メンテナンス性を高めています。




カテゴリー: 天井 納まり | Tags: , ,

知りたいのに設計図などの資料がない。

壁や床や建築の中身はどうなってるの?

住宅の設計、新築・リフォームの参考図が欲しい。

設計事務所やハウスメーカーの使うプロ仕様ってどう?

施主だけど収まりをを知りたい。

納まり図集では図面の収まり図の解説をします。

お役立ちサイトもわかりやすく分類

納まり図面の解説と誰でもわかる画像つきです。




納まり図集の上へ

アーカイブ

プロフィール

一級建築士事務所。間取り集、間取りの無料作成サービスを行っています。

PVアクセスランキング にほんブログ村