天井下地 詳細図

天井の表面のことは良くわかっていても
天井の裏側や中身のことまでは素人ではわからないものです。
一般的にはプラスターボード(石膏ボード下地)に
ペンキやクロスといった仕上げが多いようです。
石膏ボードを取り付けるための野縁が天井内にあります。

昔ながらの和室では竿縁天井という

木材の押さえ縁のある天井が多かったのですが

最近はシンプルな収まりが好まれているようです。

最近の和室では杉板や杉板に見える不燃ボードを

目透かし貼りですっきりと張り上げる天井の納まりを良く見かけます。

天井下地は木材などで梁等に固定します。

鉄骨造やRC造の建築物では鉄骨やコンクリートスラブに

吊ボルトで固定して上から内装の天井下地を吊り下げます。

コンクリートの建物では直接仕上げにすることもできます。







カテゴリー: 天井 納まり,納まり図 | Tags: , ,

知りたいのに設計図などの資料がない。

壁や床や建築の中身はどうなってるの?

住宅の設計、新築・リフォームの参考図が欲しい。

設計事務所やハウスメーカーの使うプロ仕様ってどう?

施主だけど収まりをを知りたい。

納まり図集では図面の収まり図の解説をします。

お役立ちサイトもわかりやすく分類

納まり図面の解説と誰でもわかる画像つきです。




納まり図集の上へ

アーカイブ

プロフィール

一級建築士事務所。間取り集、間取りの無料作成サービスを行っています。

PVアクセスランキング にほんブログ村