駐車場、コンクリート断面図

住宅のエクステリア、外部にコンクリートをしく場合
下の地盤の強度にも気を配った収まり図を考えたい

厚みや配筋は上に載る重量によって計算するが
2.5mおきに目地をとるなど、クラックに対しての配慮が必要になる
駐車場の配置に合わせて目地をとる方法もある

D-10、D-13などの鉄筋をいれる場合もあれば、
メッシュ筋を入れる場合もある。

家の外部だからレンガやタイルを貼りたいところだが
ローコスト住宅に収めるためにすっきりとシンプルにする方法もある

もっともローコストに収める場合コンクリートを打設後
かな後手で平滑に仕上げてそれを仕上げとする方法もある

ガレージハウスなどの場合汚れ防止のため
カラートップなどの防水・汚れ防止の塗装を施すことも多い

一度コンクリートを打った後に必要な水勾配などを取りながら
もう一度仕上げのモルタルを施工する方法もある

最後に微調整して高さを適切にしていく方法で
一般的な住宅の外部で行われている方法である。







カテゴリー: 納まり図,駐車場 納まり | Tags: , ,

知りたいのに設計図などの資料がない。

壁や床や建築の中身はどうなってるの?

住宅の設計、新築・リフォームの参考図が欲しい。

設計事務所やハウスメーカーの使うプロ仕様ってどう?

施主だけど収まりをを知りたい。

納まり図集では図面の収まり図の解説をします。

お役立ちサイトもわかりやすく分類

納まり図面の解説と誰でもわかる画像つきです。




納まり図集の上へ

アーカイブ

プロフィール

一級建築士事務所。間取り集、間取りの無料作成サービスを行っています。

PVアクセスランキング にほんブログ村