石貼り、タイル張りの施工図

今回は住宅の外部の床に石やタイルを敷きたい場合の納まりです。

目地は石材矢タイルの精度によって1mmも可能ですが
一般的には5・6mmとって材料の大きさの違いを吸収します。

いきなり土に石材を敷く場合は
セメントと砂を混ぜ込んで施工する方法があります。

一般的には一度コンクリートの下地を作ってから施工します。

ガーデニングでタイルの床のテラスを設けるときも
テーブルなどを配置して家の外で楽しむのだから
テーブルが水平になるように下地をしっかり作って
それからタイルを施工します。

住宅の中庭に施工する場合も同様だが
水勾配を排水に向かってとる場合も多いです。

住まいのデザインによってはモザイクタイルの施工もあります。

その場合も一度下地を作ってから貼りこみます。

輸入タイル・国産タイルとも焼き物は誤差がある場合があります。

テラコッタなどはさらに厚みの誤差もあります。

誤差を吸収しながらタイルを貼るために下地を平滑にして
目地を取りながら施工します。

施主支給の住まい・施主施工の住まいでも
下地をきちんと作って施工したいところです。







カテゴリー: 床 納まり,石材・タイル,納まり図 | Tags: , ,

知りたいのに設計図などの資料がない。

壁や床や建築の中身はどうなってるの?

住宅の設計、新築・リフォームの参考図が欲しい。

設計事務所やハウスメーカーの使うプロ仕様ってどう?

施主だけど収まりをを知りたい。

納まり図集では図面の収まり図の解説をします。

お役立ちサイトもわかりやすく分類

納まり図面の解説と誰でもわかる画像つきです。




納まり図集の上へ

アーカイブ

プロフィール

一級建築士事務所。間取り集、間取りの無料作成サービスを行っています。

PVアクセスランキング にほんブログ村