スチール手摺寸法 ガラス手摺寸法

外部に手すりを設ける場合
外壁材で笠木をアルミやステンレスで収める方法と
視覚的に外が見たい、光を入れたい場合
ステンレスやアルミの桟のある手摺とする場合がります。

ステンレス手摺の場合はたわみやゆれなどの対策で
奥行きと厚さを必要寸法確保します。

さびなどの恐れがあるのでスチール手摺の場合は
亜鉛めっきや適切なさび止め下地を施して
塗装も外部用のマリンペイントやフッ素塗装などを施します。

ガラスの手摺の場合でも鉄の部分は振れやゆれを考慮します。

ガラスの破損につながるような脆弱な支柱の寸法は避けて
振れをとめるために壁などに固定するなどの有効な処置をします。

透明ガラスだと外部から見えやすいので
型ガラスや半透明のカーボンを用いる場合もあります。

ガラスの割れ、飛散防止などのために強化ガラスを用いて
安全を確保した設計をしていくのが重要です。

割れて真下に人がいた場合怪我をする恐れがあるの
ガラス種類なども重要な要素になってきます。




カテゴリー: 手摺 納まり図,納まり図 | Tags: , ,

知りたいのに設計図などの資料がない。

壁や床や建築の中身はどうなってるの?

住宅の設計、新築・リフォームの参考図が欲しい。

設計事務所やハウスメーカーの使うプロ仕様ってどう?

施主だけど収まりをを知りたい。

納まり図集では図面の収まり図の解説をします。

お役立ちサイトもわかりやすく分類

納まり図面の解説と誰でもわかる画像つきです。




納まり図集の上へ

アーカイブ

プロフィール

一級建築士事務所。間取り集、間取りの無料作成サービスを行っています。

PVアクセスランキング にほんブログ村