計画中の家の間取りが納得できない
工務店、ハウスメーカーの間取りが気に入らない
そんなときは人気YOUTUBE間取りチャンネルの
間取り作成サービスを使ってみるのがおすすめです

老後を安心して過ごせる終の棲家の間取りのポイント

老後の住宅、「終の棲家」を設計する際には、
快適さ、安全性、そして使い勝手が非常に重要です。

  1. バリアフリー設計

段差のない床:家全体をフラットにして、
つまずくリスクを減らします。

広い廊下とドア:車椅子や歩行補助具の使用を考慮し、
十分な幅を確保します。

  1. 安全性の確保

手すりの設置:廊下や階段、
バスルームなどに手すりを設けます。

滑りにくい床材:転倒を防ぐために、
滑りにくい素材を選びます。

車いすが通れる広い住宅の廊下
  1. 生活動線の効率化

ワンフロアの生活:階段の上り下りを避けるために、
主要な生活スペースを1階に配置します。

近距離動線:

キッチン、バスルーム、寝室を近くに配置し、
移動の負担を減らします。

  1. 快適な居住環境

自然光と風通し、大きな窓や適切な配置で、
自然光を取り入れ、風通しを良くします。

温度管理、断熱性能の高い窓や床暖房を導入し、
室内の温度を適切に保ちます。

  1. 収納スペース

使いやすい収納:高い位置にある収納を避け、
使いやすい高さに配置します。

必要なものを近くにします。
日常的に使う物は手の届く範囲に配置します。

  1. 住み替えや介護の準備

将来の介護を見据える、
介護ベッドや福祉用具を導入しやすい間取りにします。

二世帯住宅の検討、
必要に応じて家族と同居できるよう、
二世帯住宅やグループホームを考慮します。

  1. メンテナンスの容易さ

掃除しやすい設計:

手の届かない場所や掃除が難しい場所を減らします。

耐久性のある素材:

長持ちする素材を使用し、
メンテナンスの手間を減らします。

  1. コミュニティとのつながり

立地の選定します。
スーパーや病院、
公園などの施設が近くにある場所を選びます。

近隣との交流を考えます。
地域のコミュニティ活動に参加しやすい環境を整えます。

  1. 広さの失敗を避ける

適切な広さの確保、
部屋が広すぎたり狭すぎたりしないように、
適切な広さを確保します。
特にリビングやキッチンの広さに注意します。




カテゴリー: インテリア,終の棲家,間取り 考え方 | Tags: , , , ,

現在作成中の間取りを改善するために

相談する間取り診断サービスもあります

間取り診断サービス




無料間取り作成の上へ

最近の投稿

アーカイブ

プロフィール

一級建築士事務所。間取り集、間取りの無料作成サービスを行っています。