計画中の家の間取りが納得できない
工務店、ハウスメーカーの間取りが気に入らない
そんなときは人気YOUTUBE間取りチャンネルの
間取り作成サービスを使ってみるのがおすすめです

2024年下半期にハウスメーカーは倒産しやすいのか?

2024年下半期にハウスメーカーが倒産しやすいかどうかについて、複数の要因が影響しています。

まず、住宅業界全体の厳しい経済環境が背景にあります。資材価格の高騰や半導体不足などが住宅建設コストを押し上げ、顧客にとっては家を建てることがより難しくなっています。

また、少子高齢化や人口減少に伴い、新築住宅の着工数が減少傾向にあるため、市場規模が縮小していることも要因の一つです​ 。

さらに、2024年には時間外労働の規制(36協定)が建設業界に適用されるため、労働環境の改善が求められますが、これも業界にとっては運営コストの増加につながる可能性があります​。

これらの要因が重なることで、経営が厳しいハウスメーカーが増え、倒産リスクが高まると予想されています。

特に、業績の二極化が進むとされており、経営資源をうまく活用できない企業は淘汰される一方で、強い企業は生き残る戦略をとることが求められています​ 。
また、2024年には倒産件数が11年ぶりに1万件を超える可能性が指摘されています​ 。

以上のような状況を踏まえ、ハウスメーカーが倒産しやすい環境が続く可能性が高いと言えるでしょう。

倒産するハウスメーカーの特徴にはいくつかの共通点が見られます。

その主な特徴は以下です。

  1. 資金繰りの悪化

(借入依存度の高さ)

  1. 経営戦略の欠如
  2. 経費管理の不備
  3. 顧客満足度の低下
  4. 競争力の低下
  5. 労働環境の悪化




カテゴリー: インテリア,ハウスメーカー | Tags: , ,

現在作成中の間取りを改善するために

相談する間取り診断サービスもあります

間取り診断サービス




無料間取り作成の上へ

最近の投稿

アーカイブ

プロフィール

一級建築士事務所。間取り集、間取りの無料作成サービスを行っています。